サイズが合わずにデリケートゾーンの黒ずみに発展!

ショーツは皆さんどんなものを使っていますか?もしや窮屈なものを使っていませんか?
屈な下着は肌が圧迫されたり、擦れたりして肌に悪いのです。
これがデリケートゾーンが黒ずむ原因ということもあるので注意してくださいね。
私もサイズが合っていないショーツをずっと履いていました。ちょっと太ってしまってサイズが合わなくなった下着を「勿体ないから」という理由で何度も使ってしまったのです。
このサイズが合わない窮屈なショーツのせいで、私はデリケートゾーンが黒ずみになったのです。原因になりそうなことは他に心当たりがないので、おそらくこの下着の圧迫が原因の黒ずみかと思います。
この黒ずみのせいで恥ずかしくて黒すみを隠しているのです。
一回黒ずむと治りが遅いのがデリケートゾーン黒ずみ特徴です。デリケートゾーンというだけあって、ここはすごく繊細で肌荒れしやすい部分です。
そこをショーツで摩擦したせいで、私のデリケートゾーンは黒ずみました。
黒ずみが消えなくなったのです。サイズが合わないショーツを無理やり履いていたことをすごく後悔しました。
この黒ずみを治すために今は新しい下着に買い替えています。今までは非常にキツイショーツを履いていました。
でも今は黒ずみのことを考えて、ゆったりしたタイプのショーツを履くようにしています。
すごく楽になったし、あれから黒ずみが少しずつ良くなっています。
キツイ下着を着ている人はすぐにこのようにゆったりした下着に変えましょう。
そうした方が繊細なデリケートゾーンには良いと思いますよ。

サイズが合わずにデリケートゾーンの黒ずみに発展!

石鹸を使わない、美肌洗浄法って?!?

湯シャンなど、良くブラッシングしてお湯をつかっただけで毛髪や頭皮を洗浄する方法が、とくにストレートや、髪のカラリング、パーマで傷み切った髪にやさしく、すみやかに美髪が取り戻せるとして人気が出ています。
この湯シャン、じつは日本では、明治初期までどこのお宅でもごく普通の光景でした。
では、お肌は同じように、この石鹸やボディーソープを使わない洗浄方法もあるのでは?
ということで、今回は、石鹸を使わないお肌の洗浄法について調べてみました。

【米ぬか】
古くから体洗いによく使われているのが米ぬかです。
もともと古くから、お湯を沸かした風呂に入る習慣のある日本では、ただ入浴するだけで、皮膚表面の皮脂の余剰ははがれて浮いていきます。
ですがもうすこし、磨きこみたいといったとき、またしっとりとさせて美肌効果も生みたいといったときに昔から人気なのが米ぬか。
細かい目のさらしなどの綿袋に、米ぬかや、米ぬかとモミがら、細かく切った稲わらなどを混ぜて入れ、それをお湯に浸しながら全身を磨きます。
化粧品などでも人気の米ぬかは、米油によるしっとりとした効果に、酵素による白肌効果が出せます。
この他に、米ぬかに、米麹や割れた米などをすこし入れることもあります。
使い終わりにかならずしっかりとほしていても、すこしにおいが気になってしまうアイテムでもあります。

【ウグイス粉】
ウグイスの粉をあつめた、おばあちゃん世代の美白の最高級アイテムです。
今も都内では、自分で採取したウグイスの粉をうっているお店があるほど、根強い、ほかの製品には代えがたい品質と人気があります。
使い続けることで、酵素による強い白肌効果や引き締め効果が得られると言われています。

【たわしや布たわし】
お湯に入るだけでなく、肘膝かかとなど、ちょっとしたところを手でこするより強めにリムーブしたいといったときに便利なのが、使い古しの布を10?20CM幅に裂いて、それを三つ編みや四つ編みにしたたわし。こちらも昔からよく使われています。
現代ではニットの布も多数あるため、綿や絹のニットなどをつかえばより肌辺りの柔らかなたわしが、麻などを使えばより肌辺りの強いたわしができあがります。
棄てるに捨てられなかったタオルなどを組み合わせて、オリジナルデザインのものをつくっても、えこでオシャレですね。

ほかにも珪藻土やあらじお、にがりなどを用いたボディ洗いなどもしられています。
自分に合ったエコな方法で、バスタイムをよりたのしく、個性的に過ごしてみたいですね。

石鹸を使わない、美肌洗浄法って?!?

脱毛で肌荒れが…

以前、お風呂の時に使用できる脱毛剤を使って、足のムダ毛を脱毛しようとした時の事です。
高価なものではなく、安価な物を買った為もあるのでしょうか、脱毛剤を足に塗り、専用のシェーバーを使ってムダ毛の処理をした後、しばらくして足がヒリヒリし、かゆみが出てきたのです。
元々、肌がそんなに強い方ではなかったので、余計に肌がヒリヒリしたのだと思います。
肌が強くない人は、使用前にネットなどでしっかり情報を仕入れて、安い物を使用せず、ほどほどの値段の物を使用するのが1番いいのかな、と思いました。
あとは、使用した後は、肌が痛んでる状態なので、数日間は化粧水などでたっぷり保湿してあげる必要があるかな、と思います。
その経験もあって、今は脱毛剤を使わず、定期的にムダ毛処理用のカミソリを使ってムダ毛を剃るようにしています。
剃った後はもちろん、化粧水をつけて保湿をするように心がけています。
脇のムダ毛はカミソリよりも毛抜きで抜くようにしています。
そうした方が毛穴が見えにくいので、ノースリーブの服を着る時は助かるので。
腕や足を毛抜きで抜くと、抜いた部分が黒い玉のように毛穴に詰まり、後々取るのが面倒なので気をつけた方がいいですよ(笑)
なので、肌の弱い人は脱毛サロンに行ったり、脱毛剤を使って高いお金を支払って脱毛するよりも、カミソリで定期的にする方が安価で肌にも優しいのかなと思います。
ただ、やはり脱毛はプロの手に任せるのが、長い目で見てメリットは多いと思います。
もし、天王寺エリアで脱毛をしたいとお考えの方は、下記のサイトが大変役立ちますので参考にして見てください。
天王寺の脱毛サロンランキングサイトはこちら

脱毛で肌荒れが…

VIO脱毛のデメリット@町田の脱毛サロンより

VIO脱毛のデメリット

近年では町田でもはやるようになってきたVIO脱毛でありますが、この脱毛を行ったことによってちょっと困ったなというような
デメリットも存在していたりします。 そのデメリットというのはいったい何なのでしょうか?

1 脱毛する際の恥かしさ
やっぱりVIO脱毛はデリケートな部分ですから、見られるのは恥ずかしいということです。
もちろん、同姓の方が施術を行うわけではありますが、やっぱり施術中は全部晒しちゃうわけですから気分のいいものではありませんね。
そういった羞恥心が施術をためらってしまうといったことになるようです。

2 施術の痛みについて
またVIO脱毛は施術の痛みを感じやすい部分です。
肌が強い部分ではなく、普通のところなら痛みを感じないような部分でも痛みを感じやすいようになるようです。
痛みを感じにくいような施術方法を利世すれば痛みを軽減できますが、それでも痛いので施術を嫌がるようなケースがあるようです。

3 あまりにきれいにしすぎて公開することも
また、VIO脱毛をしてあまりにきれいになりすぎることもちょっと困るようなケースもあるようです。
欧米のようにVIO脱毛が一般的というわけでもないですから、あまりにつるつる過ぎると周りから奇異な目で見られることもあるようで。
珍しいため、うらやましがられるケースもあるようですがきれいにしすぎるというのもあだになるようなこともあって、がっかりすることもあります。

町田脱毛をお考えならこちらのサイトが参考になると思いますよ。ぜひ参考にしてみてください。

髭の脱毛を考慮する

胸やほかのところより毛根場所が深いのがひげの特徴で、そのため皮膚の浅いところで効果が出るフラッシュ脱毛は勧められません。
ひげで効果があるのは医療用レーザーで、これは皮膚の深いところまで作用してくれます。
そして顔は人から見えるところで脱毛の後遺症が残っては困ります。人により脱毛直後から1週間前後赤みが出たりします。
結婚式前脱毛、人前に出る大事なようがあれば脱毛は避けてください。
そして、脱毛前後は紫外線、日焼けに注意しましょう。
脱毛前日焼けすればそもそも施術ができず、脱毛後ならしていいかと言えば、そうではなく皮膚が敏感で乾燥しますから、過度に浴びるのはだめです。
医療用レーザー脱毛はレーザーがメラニン色素に反応することを利用し脱毛をして、メラニンによるものでない薄いニキビ跡は問題ないですが、赤くなったニキビ跡は炎症のリスクがあります。
そしてレーザーだ照射が悪い影響を与えたりしますから、その部分を避けるか治ってからにするかどちらかです。
ほくろはメラニンが多く、レーザーを当てて反応し、色が薄くなりますが、炎症が起きたりしますから、照射にはなるべく避けたほうがいいですが、避けた部分は毛が残り、カウンセリングでホクロの程度を見てもらって下さい。
普通のにきびは炎症を起こしてるならそこは避けて、小さい炎症がないにきびならそのまま施術可能です。ぜひ検討してみてください。

髭の脱毛を考慮する