髭の脱毛を考慮する

胸やほかのところより毛根場所が深いのがひげの特徴で、そのため皮膚の浅いところで効果が出るフラッシュ脱毛は勧められません。
ひげで効果があるのは医療用レーザーで、これは皮膚の深いところまで作用してくれます。
そして顔は人から見えるところで脱毛の後遺症が残っては困ります。人により脱毛直後から1週間前後赤みが出たりします。
結婚式前脱毛、人前に出る大事なようがあれば脱毛は避けてください。
そして、脱毛前後は紫外線、日焼けに注意しましょう。
脱毛前日焼けすればそもそも施術ができず、脱毛後ならしていいかと言えば、そうではなく皮膚が敏感で乾燥しますから、過度に浴びるのはだめです。
医療用レーザー脱毛はレーザーがメラニン色素に反応することを利用し脱毛をして、メラニンによるものでない薄いニキビ跡は問題ないですが、赤くなったニキビ跡は炎症のリスクがあります。
そしてレーザーだ照射が悪い影響を与えたりしますから、その部分を避けるか治ってからにするかどちらかです。
ほくろはメラニンが多く、レーザーを当てて反応し、色が薄くなりますが、炎症が起きたりしますから、照射にはなるべく避けたほうがいいですが、避けた部分は毛が残り、カウンセリングでホクロの程度を見てもらって下さい。
普通のにきびは炎症を起こしてるならそこは避けて、小さい炎症がないにきびならそのまま施術可能です。ぜひ検討してみてください。

髭の脱毛を考慮する